「キメの整った肌は良い」とよく言いますが、そもそもキメとは何でしょうか?

肌のキメってなに?

皮膚の仮面には無数の隔り(皮隔り/ひこう)と、その隔りによってできた気合(皮丘/ひきゅう)があります。

皮隔りの射程が狭く、皮丘のパターン(三角形をやる)が薄く、規則正しく並んでいる調子を「キメが細い」「キメが整っている」と言い、反対に隔りが厚くて皮丘が大きいと「キメが粗い」と言います。

キメの細く整っている肌は、毛穴も目立たず肌仮面もつるんとしています。光を手広く受入れ返照するので肌が輝いて思え、透明感も生まれます。

肌のキメが壊れる端緒

キメの細かさ、粗さは生まれつきのもので人によって違いがありますが、気温や湿度といった情勢による物やUVなどによる痛手、ストレスなどの心な物によっても変化します。

とにかく影響を受けやすいのが乾燥です。皮丘が水分をしっかり取り入れると、膨らみも良くふっくらとした肌を保つことができますが、逆に皮丘中の水分が不足するとしぼみ、たるんでしまう。

痛手によりキメが乱れた肌は、皮膚のザラ付きが引き立ちごつくごわついた肌さわりで毛穴も際立ち、弾力・ツヤも失われます。乾燥による小ジワも増えてしまう。

一段と、皮丘のがたいが不揃いな結果光の返照が弱り、肌の色調がくすんで見える。メイクの風向きも悪く、壊れやすさの端緒にもなります。

肌のキメをいじくる3つのポイント

最も大切なのは、保湿をすること

肌に水分がきちんと含まれると、皮丘はフワリ盛り上がり、隔り(皮隔り)は狭く目立たなくなります。たっぷりの化粧水で保湿し、乳液やクリームで一概に油分補充をして乾燥を防ぎましょう。

UVを防ぐ

UVはターンオーバー(肌の新陳代謝)を禁ずる原因の一門です。ターンオーバーの流れが崩れる結果、古くなった角質が肌に残ったり、逆にターンオーバーが異常に早まったりして、キメの乱調の原因になります。

UV答えを万全にすると共々、古くなった角質を除くケア(ピーリング石鹸を使った洗顔など)を適度に取り入れてもいいでしょう。ただしやりすぎは禁忌です。

生活中毒を取り付ける

栄養失調や運動不良、冷温などにより血行が悪くなると、肌の行い一切が鈍り、ターンオーバーを遅らせてしまう。栄養バランスのとれた食生活を勉め、十分な睡眠を盗るなどしてキメの乱調の心因子を切り落としましょう。健康的な生活が肌を健やかに持ち、キメをいじくる補助をしてくれます。

保湿により肌をふさわしい状態に保つ結果、肌のキメも整って行くのです。ヴィタクトの効果参照サイト