「肌が酸化する」という諺は、昨今可愛らしく耳にするようになりました

同じように肌が「糖化講じる」ということがあるのはご存知でしょうか?今注目されているこういう糖化。案の定どういう品なのでしょうか。

「糖化」は肌コゲをつくる原因となる

糖化という諺を聞くと、糖、という甘い物のムードのせいか、酸化に比べると危機感が少なく感じられて行う。しかし、パンを焼いたタイミング、外装が茶色く、硬く向かうタイミングがあります。一般的にこれを「コゲる」といいますが、こういうコゲこそが、実は糖化の正体なので、実はほんとに怖い病状なのです。

パンには小麦粉や卵、バストなどが含まれますが、上述にあるサッカライドとたんぱく質が加熱され、劣化したたんぱく質が外装に来る結果コゲという病状が起きるのですが、これとおんなじことが全身でも行われているのです。

肌の糖化の怖いところは、がんらい透明なコラーゲン、ケラチンといった角質が、イエローや茶褐色に変化してしまうという事例です。ですから、肌の糖化とか、至って、パンが茶色くコゲるように、肌の色の段取りがおこり、ゆったり肌がくすみ、老化していくという事例です。甚だ諺裏道、肌がコゲて仕舞うという要因です。

大切なのは、ボディを抗糖化させる事例

しかし、糖化が厳しいからといって、糖を摂取しないのはNOです。サッカライドは身体のパワーを作りますから、サッカライドなしでは心中もボディも働かないのです。https://kuroawawa.com