ほとんどがたんぱく質でできている個々は、糖を摂取すると体温で熱せられ、体内のあちこちで糖化病状が起きます

こういう糖化病状によって、AGEs(エージーイー)と呼ばれる劣化したたんぱく質ができるのですが、実はテーマなのは、こういう劣化したたんぱく質が体内に溜まってしまうことで、さまざまなトラブルを割り出す事例なのです。

糖化の手順のレベルには、個人差があるといわれていますが、それは、こういうAGEsがたまる歩きが激しく関係しているのです。

ですから大事なのは、糖の取り入れをやめて糖化病状そのものを起こらないようにすることではなく、こういうAGEsを溜めないボディをつくる事例なのです。つまり、肌コゲを防ぐにも、糖化に力強いボディをつくるために、ボディを「抗糖化」させることがカギと至るのです。

ボディを抗糖化させるためには

AGEsの留まりスピードは、血糖値打と密接に関わっています。血糖値打がおっきい進度が貫くと、体内にサッカライドが多すぎる環境になります。それが、AGEsの出現を高めて仕舞うのです。

それを防ぐためには、特に夕食を見直してみましょう。

ごちそうによって、血糖値打を急激にあげて仕舞うごちそうと、そうでないごちそうがあり、おんなじ炭水化物でも、たとえば近所は上昇しがたいですが、白米が上昇し易いという結果が出ていらっしゃる。また、料理そのものにもAGEsがあるのですが、肉類は手広く、野菜は控え目といった傾向があります。ですが、大事なのは、白米や肉類を食べないことではありません。大切なのは、あくまで釣り合いです。

そして、取る順番にひと段取り加えて贈ることがポイントです。採り入れるときは、前もって野菜を最初に食べて、肉やご飯はあとにするだけで、血糖値打にプラスを抑えられることができる結果、糖化を防げるのです。

糖化を恐れる余り、肉やご飯を除けるような偏食は、寧ろボディによくない影響を齎すので、そこだけは気をつけるようにしましょう。lamellar-essence.com