可愛い肌の環境に「うるおい」は欠かせません。美肌効果を期待して、高価なクリームや美容液をずっと購入している方も多いのではないでしょうか?

まずは「保湿のシステム」を理解し、ふさわしいスキンケアを行い、潤った素肌を目指しましょう。

肌の潤いは、角質範疇(置き場範疇)で守られてある

角質範疇はちょっと約 0.02 ㎜(食品包装用透明ラップと同度合)の厚さのなかで、角質細胞がブロックのみたい. に 10 ~20 範疇積み重なり、外部からの水分の同行を防ぎ、共に内部の水分の蒸発を防ぐという責任を担っています。平手や乗り物の背後などでは置き場範疇が心から太く物理的な圧力に強くなっています。

例えば、お風呂に入ったところ水が肌の中に入っていかないのはなんででしょう。肌には外部からの異物の同行をはばむ支障体系が備わってあり、細胞同士を沈着させる結果、水や異物が肌の中に割り込むのを防いでいます。ですから、肌の外側から化粧水などで水分のみを服用しても、角質範疇深部に食い込むことはなくそのままにしておくと蒸発してしまう。この時、角質範疇にある水分を奪っていくので過乾燥となることもあります。

お肌は支障体系で水や異物をはじいています

お肌の水分を保持する方法とは?

硬いケラチンタンパク質で出来ている角質細胞ですが、人の肌を触ると柔らかく感じるのは、角質範疇に約30%の水分が含まれているからです。このように十分な水分を含んでこそ、肌のハリ、快調さ、柔らかさを維持することができます。いちご鼻改善にはコレ!