財布を変えて金運アップ

 

 

お金の入り口に当たるのが財布です。

 

財布を大事に使っていますか?
財布の中身は整理整頓されていますか?
財布がボロボロの状態で使っていませんか?

 

そして財布を大切にしていますか?

 

財布を大切にしてなかったら金運は上がってきません。財布を変えることでお金の流れは変わります。お金の流れが変われば、お金に対する意識が変わってきます。

 

そしてお金に対する意識が変われば、本当の豊かさとは何か見えてくるでしょう!


 

財布を変えて金運アップ記事一覧

現代社会においてお金というのは、水や空気と同様に切っても切り離せないものですね。そしてお金の入り口と出口に当たるのが財布です。今の自分がお金に対する意識を目に見える形にしたものが財布に現れてきます。その人の財布を見ることで、お金との付き合い方が、お金についてどんな意識をもっているのかがわかります。見方を変えると、これから財布を変えることでお金対する意識を変えることができるということにもなります。こ...

『住んでいるところを見れば、その人の人格もわかる。』と言われます。例えば幸せを得ている成功者の家の中が、ゴミ屋敷のようになっているとは思えません。逆に人生に迷って混乱している人の住まいが、綺麗に掃除が行き届いており整理整頓されているというのも想像できにくいところでもあります。つまり、この家(住まい)と人生の関係は、財布とお金の関係ともいえます。自分の財布を見てください。レシートがいっぱいで整理され...

財布といえば、一般的な大人なら誰でも持っていますよね。赤ちゃんや小さい子供を除いたら小学生も持っています。しかし世の中には財布を持たない人もいます。そういった人たちの金運についてお話したいと思います。財布を持たない人には2パターンがあります。超が付くほどのお金持ちの人です。個人資産だけで数百億円だとかのレベルになれば、いちいちお金を持ち歩きません。そういった人には付き人がいて、会計を任せてしまうで...

お金を払うとき嬉しくなる人はあまりいないと思います。とくに高い買い物をして財布を開くとき「あ〜10万円か〜」「できえばこんなに払いたくない〜」と思うこともあるんじゃないでしょうか。でも、この考えが金運アップに向かうことができない典型的な思考のパターンなのです。お金を払いたくないと思うことは、水の流れで例えると、流れを止めてしまうようなものです。水も循環がなくなれば腐ってしまいます。お金も循環が弱け...

>近所のスーパーやデパートでレジを待っている人たちをみてみると、ほとんどの方がしかめっ面の怖い顔をしています。無表情だったり、眉間に皺が寄っていたり、口が曲がっていたりなどなど。お金を払う時は、少し怒ったような顔をしていたりと… 。なかにはお金を放り投げるように払う方もいます。そしておつりを受け取る時も、無表情のまま… 。あなたはどうですか?このあたりにお金に対する扱い方、お金に対する価値観が現れ...

先ほどから何度もお伝えしていますが、お財布というのは、「お金の家」みたいなものです。 自分の家の場合でも部屋が整理整頓されていて綺麗になっていれば気持ちが良いものです。なので、お財布のお手入れ、メンテナンスは重要です。基本的にはお財布の中の整理整頓を心がけて、丁寧に愛情を持って扱うことです。自宅に帰ってきたら、自分が決めたお財布の置き場所におきましょう。バッグに入れっぱなしにしておいたり、服のポケ...

これが、お金に嫌われる財布、7つのパターンです!ごちゃごちゃの財布お金とお金以外(レシートや領収書)のものが一緒にごちゃごちゃになっている。パンパンの財布ポイントカードをたくさんため込み過ぎて財布がパンパンにになっている。ケバケバの財布財布の外見がデコデコと飾りすぎている財布になっている。スカスカの財布財布の値段と財布の中身に入っているお金が釣り合っていない財布。ボロボロの財布財布を長年使いふるし...

浪費グセの人には、共通するお財布のパターンがあります。その共通する特徴とは?『お財布の中に入っているお金が少ない』ということです。これは意外なことかもしれませんが、浪費する傾向が強い人ほど、お金を持ち歩いていないのです。言い方を変えれば、支払いに関してカードの依存度が高い人ほど、浪費する傾向が高いということになります。基本的には、自分が持っているお金の範囲で生活できていれば、家計が破綻することはな...

お金持ちで、本当に豊かに成功している人の財布の中身は『美しい』です!自分の好きなことをしながら、本当に豊かに暮らしている人の財布に共通する傾向は、まずは美しいということです。お財布自体もそれなりのブランドのものを使ってますし、お財布の中も綺麗に整理されています。多くの人にみられるような、入れておく必要のない古いレシートがたくさんたまっている。期限が切れたポイントカードをそのまま持っている。もう使わ...

お金を引き寄せる、財布の色ってどんな色??世の中には、『運を引き寄せる財布』や『人生を変える開運財布』などいろんな財布があります。しかし、財布の色を変えるだけで、あるいは財布に何かのシンボルを加えるだけで、お金が勝手に入ってくるという夢物語は存在しません。では、財布の色や形、素材などは何でもいいのかと言われればそうではありません。大切なのは、私たちの意識にはたらきかけるような色・形・素材にする事で...

財布の色と開運メッセージ財布の色開運メッセージ暖色系(黄色、ゴールド、オレンジ、赤)新しいことに挑戦する気持ちを後押ししてくれる。お金の流れが加速して、出入りが激しくなる。新しい金運の流れを呼び込みたい上昇志向の方にオススメの色。寒色系(ブルー、紺、紫)計画的にお金との付き合い。守るエネルギーが強くなり、金運が安定するが、大きな変化は望みにくい。着実に財を成していきたいと思っている、堅実な方におす...

開運財布のポイントは、裏地です!実は財布選びのときに、多くの人が見逃してしまっている大事なポイントがあるのです。それはズバリ、『財布の裏地』です!ほとんどの人が財布を値段やデザイン、ブランド、素材や色・柄・ポケットの数やお札の出やすさなどの機能性で判断をして購入している人が多いと思います。もちろん、この選択基準は間違いではありませんが、財布を購入する際のチェックとして、もう一つ大切な項目をぜひ加え...

財布の色の記事でも触れたとおり、財布には絶対にこの色!というのが内容に、素材も絶対にこの素材!という決まりはありません。基本は自分がお金の気持ちになって、いちばん好ましい素材を選ぶのが良いです。また、財布の色の場合は、個人的な好みが含まれますが、財布の素材については、それほど強いこだわりを持っている人は少ないでしょう。その中でもオススメするのは、財布に最も適していると思われる『牛革』の素材だと思い...

財布の形は大きく分けると2種類にわかれます。長財布か、それとも2つ折りタイプか!?2つ折りの財布は、コンパクトに収納できて持ち運ぶのには便利です。とくに男性の方はズボンのポケットに収まるとのことで、2つ折り財布を愛用されている方が多いです。長財布のほうは、横に長い分かさばってしまうため、持ち運びや収納には不向きなところがあります。小さなバッグやポケットには収まりきらないというデメリットがあります。...

財布の素材やカラー、そして形。それらとともに気になるのが、お札と小銭を1つにするのか、分けて持つのか、ですね。基本的には自分の好みでいいことです。どちら良い、こちらが悪いということはありません。ただここで知っておきたいのは、紙幣と硬貨ではエネルギーが違うということです。紙幣と硬貨では、お金としての性質が異なります。例えば1万円札が『お金のお父さん』だとすれば、 5,000円札は『お金のお母さん』、...

紙幣【大人のお金】と小銭【子供のお金】は、分けて持ったほうがいいということは、コチラの記事でお伝えしました。ただ、大人のお金も子供のお金も、どちらも大切なお金です。ですから、紙幣である大人のお金だけを特別扱いにして、小銭である子供のお金はどうでもいいと言うことはよくありません。大人のお金にふさわしいお財布を用意すると同時に、子供の財布にもふさわしいお財布を用意することが大事です。間違っても、小銭を...

小さい頃、何か欲しい物を買うために、家の手伝いをしてもらった小銭を貯金箱にためていた経験をお持ちの方も多いことでしょう。ただ実際に貯金箱なのを見たこともない人もいるかもしれませんし、現在では昔と比べると、硬貨をコツコツと貯金している子供も、きっと少なくなっていることでしょう。そういった子どもが多くなってきているのはよくないことかといえば、一概にそうとばかり言えません。もちろん、小さい頃からお金を大...

財布を買うということは、単純に一つのものを手に入れるという事だけにとどまりません。財布は、お金の家であり、お金の入り口です。自分のお金に対する内面の状態を映し出す鏡のような存在です。財布を変えることで、お金の流れがガラッと変わってしまう可能性もあります。財布次第で、お金の流れが良い方向に大きく変化するようなこともあれば、悪い方向に引っ張られてしまうこともあるので、それらをしっかりと考えた上で、財布...

一般的に財布が売れるとされる時期は、年末からお正月にかけてです。この時期は、クリスマスプレゼントやお正月休みが重なりみんながショッピングにお金を使う時期です。さらに3月から4月にかけての新年度が始まる時期も財布が売れる時期です。特に、立春からひな祭りの時期までに購入した財布のことは『春財布』といわれ、【張る財布】に繋がるために、縁起がいいとされるようです。機能面から見ると、新しい生活がスタートする...

財布を買うときの値段についてですが、『必ずこの価格の財布を買いましょう!』という法則というものはありません。ただし、財布はお金の家ですから、家を買ったり建てたりすることと同じように、現在の収入に見合ったものにするのは当然のことです。ですから、財布を買う時の目安としては、自分の収入を基準にして、年収の100分の1ぐらいから1,000分の1くらいの範囲が良いと思われます。例えば、年収300万円の方なら...

海外旅行に行ったときを思い出してください。普段見慣れていない海外の通貨を見ると、見慣れている日本円や日本札と違って「オモチャのお金」に思えることありませんか?つまり、私たちがそれをお金と認識できることで、お金の価値が見えてきます。ということは紙幣もカードも形態が違っているだけであって、カードも紙幣と同じように大切にするべきなのです。なので、お金もカードも分けて考えることはありません。同じように丁寧...

新しい財布を買ったときに、どれくらいのお金を財布に入れるのか・・・それによって財布自体のキャパが決定される。という法則があるのをご存知ですか?新しい財布は、新しい家、新居のようなものです。そこに最初に足を踏みいれて、一夜をすごすことによって、そのお金の金額が、『新居=新しい財布の主』となるのです。つまり、新しい財布を購入して、最初に3万円を入れたとしたら、その財布の主は3万円となり、最初に10万円...

これまでの記事では、財布と財布の中身の関係について詳しく話してきましたが、これから導き出される結論は?というと、「財布の中には、できるだけ多くの現金を入れておいた方が良い!」ということです。では、どのくらい財布の中にお金を入れておいた方が良いのか?もちろん、この金額しかない!ということではありませんが基準は10万円です。(10万円以上〜20万円以上でもいいですよ)この10万円という金額は、日頃過ご...

「財布の中には、いつも新札を入れておいたほうがいい!」こんな言葉を聞いたことがありますが?見せ金の記事のところで、見せ金を入れるならできれば新札が望ましい・・・と書きましたが、その理由について詳しく述べていきたいと思います。単純に、「古いお札よりも新札を財布に入れておくほうが、気持ちが良い」からです。誰でもシワシワなお札よりも、折り目がついていないピンピンのお札が入っていた方が気持ちよく感じるもの...

お金というのは、基本的には純粋なエネルギーを持っています。ですのでお金自体に、良いとか悪いというのは存在しません。たとえどんなにぐちゃぐちゃで汚れているお札だとしても、自分のもとにやってきたら、そのお金自体の価値は何ら変わりません。ですが、前の記事でも書いたように診察を持っているメリットは確かにあります。汚れたお札が自分のところにやってきたとしたら、ほとんどの方は、早くそのお札を手放したいと思い、...

何度でも言いますが、財布はお金の家です。財布はお金を入れるためのものですから、財布にお金以外のものを入れるということは、素性もよくわからない人をずっと家に入れておくと言うことになります。ですが、生活していく上ではお金では無いけれど、お金に類するものが増えていく事は避けられないことも事実です。例えばクレジットカードやキャッシュカード、プリペイドカードなどのカード類を始め、それぞれのお店を発行している...