財布の素材

 

 

 

 

財布の色の記事でも触れたとおり、財布には絶対にこの色!というのが内容に、素材も絶対にこの素材!という決まりはありません。基本は自分がお金の気持ちになって、いちばん好ましい素材を選ぶのが良いです。また、財布の色の場合は、個人的な好みが含まれますが、財布の素材については、それほど強いこだわりを持っている人は少ないでしょう。その中でもオススメするのは、財布に最も適していると思われる『牛革』の素材だと思います。

 

実際に、市販で売られている財布のほとんどが牛革製です。これは加工のしやすさや、安定的に供給できるシステムでもあるのですが、開運的な観点から見ても、財布に牛革がいちばん相性があうのでしょう。『牛』というのは、昔から豊かさの象徴として称えられてきた動物です。現在でも、牛肉、乳製品、または移動手段のエンジン代わりとして、私たちの生活の多くの役をしてくれています。

 

 

まり、『牛=豊かさ』という価値観が、人間共通の感覚になっているのです。

 

 

豊かさの象徴である財布には、牛の革が最も適しているのではないかと考えられます。ですが、絶対に牛革が1番!!というわけではありません。コードバンという馬革を使った頑丈な財布、コロコダイルを使った高級な財布などもあります。結局は自分の好みで決めると良いでしょう。

 

 

財布の裏地

 

財布の素材関連ページ

新しい財布にしよう!
お金の出入り口の財布。運を引き寄せるために新しい財布にするのをおすすめしたいです。
財布は自分の家のようなものです!
財布は自分の家(部屋)と同じです。ですから財布の中身は綺麗にしておきましょう!
財布を持たない人
ポケットの中にお金を入れておくのは金運として最悪です。お金は財布の中に入れて守っておくことが大事なのです。
お金を払うときの気持ち1
あなたはお買い物をしてお金を払うとき、どんな気持ちですか?
お金を払うときの気持ち2
お金を払うときは「いってらっしゃい」と言ってあげましょう。
財布の置き場所
お家に帰ったら財布はどこにしまいますか?そのままバッグの中やポケットの中に入れっぱなしにしていませんか??
お金に嫌われる財布
お財布はお金の住まいです。その中がごちゃごちゃしていては運気はやってきません。ここではお金に嫌われる財布7選を紹介します。
浪費グセの人のお財布
浪費グセがある人の財布にはお金が貯まっていないパターンが多いです。お財布の中が寂しくては運気も遠くなるばかりです。
お金持ちの財布
世の中にはお金持ちの人がいますが、その方たちの財布の中身は綺麗です。お札やカードもきれいにしまってあり、お財布自体が美しいのです。
財布の色
あなたのお財布の色は何色ですか?色には波動があります。色を意識することでお金のエネルギーが働きかけます。
財布の色と意味
財布の色には大きくジャンル分けすると5つあります。それぞれの色の系統を理解しておくのもよいでしょう。
財布の裏地
財布は表のデザインだけではありません。財布の中身、そして裏側の色や柄も開運と関係しているのです。
財布の形
財布の形で人気なのは長財布ですが、どうしても肌をとるため2つ折りの財布を好む女性もいます。
財布は一つ?分ける?
みなさんは財布は1つですか・それとも小銭用とお札用で2つ持っていますか?ちなみに私は分ける派です!
小銭入れ
小銭入れの中でも分別するのが望ましいでしょう!
硬貨を貯金するのは効果があるの?
小銭を貯金箱に入れてコツコツ貯めてきた!という女性も多いことでしょう。この貯金はどんな良い効果があるのでしょうか。
財布を買うときの心構え
財布を買い替えるときの気持ちは大切です。目的を持ちポジティブな気持ちで財布を買いましょう!
財布を買う時期は?
財布を買う時期を意識したことはありますか?クリスマスやお正月のようなイベント時は財布を買う女性は多いです。でも1番良いのは・・・
自分に合った財布の値段
財布を買うときは値段も気にすることでしょう。財布に使うお金は人によって違いますが、その人の収入に見合った金額の財布が理想です。
世の中がカード生活になったら
今はネット通販の支払いではカードを使って支払うのが当たり前の時代です。実際のショッピングでもカードで済ます女性も多くなってきました。
新しい財布を買ったときに入れる金額
財布を新調したとき、その財布にいくら入れておけばいいのかな!?と思いませんか。ここではちょっとした目安をお伝えしたいと思います。
見せ金を入れよう!
財布の中に入れておく見せ金は10万円以上はあると良いです。これだけでもお金の運気のエネルギーの強さが増すはずです!
財布には新札を入れておこう
財布の中身はきれいにしておきましょう!と他の記事でも取り上げましたが、財布の中に入れるお札もきれいなものが望ましいです。ですから新札が理想です!
両替する意味とその作法
お金は銀行で両替ができます。両替する意味は何なのかをここではお話しします。
財布に入れるもの
財布は家です。必要のないものをそのままにしてはいけません!財布に入れておくものは知っておきましょう。